鳥羽山公園へ行ってきました♪

こんにちは♪
先日、浜松市天竜区にある『鳥羽山公園』へ行ってきました☺️

天竜奥三河国定公園にあって、天竜川の流れや遠州平野を見渡す、眺めのいい公園です。

展望台があって、上から浜松市街を見渡せてとても綺麗でした✨

芝生広場もあって、ピクニックなどにもぴったりです。

緑に囲まれた自然豊かな公園でとても癒されますよ☺️

なんといっても名物は山頂からループのように曲がりくねって滑り降りる約50メートルのローラーすべり台。

ゆっちもこの滑り台を見つけるとすぐに「滑りたい!」と言って、今回は家族3人で滑りました✨

ゆっちが先頭に、怖がることなくスイスイと滑っていてとても楽しそうでした😆

上からの眺めはとても綺麗でスリル満点で気分も爽快でした!!

山頂から滑り降りることはなかなかないので、すごく楽しかったです☺️

広場にはトイレがありましたが
なぜかドアがないため、丸見えでした(^◇^;)
ちょっとこれは…大人が使うのは恥ずかしいですね💦

園内には約1,000本の桜があり、春には山全体がピンク色に染まるほどの名所。お弁当を持ってお花見ハイキングには最高のスポットです。秋には紅葉も楽しめます。

二俣城址・鳥羽山公園


永禄11(1568)年の今川氏の滅亡以後、二俣城と鳥羽山城は徳川家康が領有していましたが、三方ヶ原の戦いがあった元亀3(1572)年、二俣城は武田信玄によって攻略されました。
その後、長篠の戦いがあった天正3(1575)年まで徳川氏、武田氏が二俣城をめぐり激しい戦を続けますが、徳川方は鳥羽山城に本陣を置き、武田方にあった二俣城を攻め、奪回しました。
天正18(1590)年、家康が関東へ移り、二俣城に豊臣氏配下の堀尾氏が配属されました。二俣城と鳥羽山城の主要部に石垣が作られ、二俣城には天守が築かれました。二俣城は戦の施設として、鳥羽山城は領主が日常生活を送る場として整備されていったとみられます。「別郭一城」と呼ばれ、二つの城は一連の城としてそれぞれの役割を担っていました。

いかがだったでしょうか!?

鳥羽山公園は歴史を感じられる自然豊かな公園でとても癒されました✨

皆さんもぜひ鳥羽山公園へ行ってこのローラー滑り台を滑ってみてくださいね☺️

最後まで読んでいただきありがとうございました。

鳥羽山公園の情報


住所: 〒431-3314 浜松市天竜区二俣町二俣
駐車場:70台(無料)
公共交通機関:
天竜浜名湖鉄道二俣本町駅下車、徒歩約15分
車:
新東名浜松浜北I.Cより中瀬大平交差点を左折し、県道45号(笠井街道)へ、鹿島坂下交差点を右折し国道152号(秋葉街道)へ、鹿島橋を渡った

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です