ゆっちの幼稚園入園が決まりました♪

こんにちは♪


今回は、実際に幼稚園選びをしてみてどうだったかについてまとめました。
初めて娘と一緒にプレ幼稚園へ通い始めたのは、昨年の10月でした。

親子でプレ幼稚園へ通ってみて良かったこと

🔸子どもの成長を一番近くで見ることができた。
🔸幼稚園でどんなことをするのか、実際に親子で体験できて良かった。
🔸最初は人見知りでずっと泣いていて、親から離れようとしなかったけど、少しずつ自分から進んで行動するようになった。
🔸コロナ禍で、お出かけするところがなくお友達とも会えなかったけど、週に一度プレ幼稚園で先生やお友達と交流ができてとても楽しかった。
🔸フラッシュカードを通して、毎回楽しく物や動物の名前、国旗、漢字を覚えたりすることができた。
🔸季節ごとに色々な歌をみんなで歌ってゆっちも大きな声で歌ったり、踊ったりとても楽しそうだった。

🔸運動・音楽・お勉強など様々なことに力を入れていて、多くのことを経験させてもらえるのは素晴らしいなと思った。

プレ幼稚園での経験は私たち親子にとって素敵な経験となって、良い思い出が出来ました。

毎回、工作をさせてもらえて楽しそうでした。お家でもハサミでチョキチョキ切ったり貼ったり工作が大好きになって夢中になって遊んでいます。

他の幼稚園を見学しようと思った理由

もともとプレ幼稚園に通っている幼稚園へ入園を考えていました。
だけど、あることをきっかけに夏休みに色々と家族で話し合って、別の幼稚園も見学してみようということになりました。その理由は2つあります。

まず1つ目は、プレ幼稚園の時に絵本と紙芝居の2回の読み聞かせがありました。
その読み聞かせの時に落ち着いて聞ける時と、できない時がありました。
できないと毎回先生に注意をされてしまって、ある時には「廊下へ一度出てお子さんと話してから来てください」と言われてしまい親としてはヒヤヒヤしてしまって少し辛かったです。

私の中では、2回の読み聞かせのうち一回でもしっかり三角座りして聞けたからそれでいいのではないかと思って、出来た時には娘のことをたくさん褒めました。

入園前から、そこまで完璧を求めなくてもこれから少しずつできるようになっていけたらいいのではないかと思い幼稚園の方針とはちょっと合わないかなと思うようになって別の幼稚園に決めました。

楽しかったはずのプレ幼稚園がいつしか『今日は絵本しっかり聞けるかな?』とそればかり考えてしまうようになって私自身も娘に対して注意をしたりして、思いっきり楽しめなくなりました。

だけど、2学期になって人数も少なくなったこともあって、一人一人丁寧に対応をしてくれて、先生が優しくなった気がしました。

絵本の読み聞かせも、紙芝居の時もしっかりと三角座りをして聞けるようになって先生に注意されることもなくなり、大きな成長を感じることができて嬉しかったです。

二つ目はトイレトレーニングのことです。
幼稚園の方針としては、オムツが外れていて一日パンツで過ごせること。1人でトイレが出来ることが決まりとしてありました。

娘は、一日中パンツでは過ごせてお漏らしすることはありませんが、まだトイレで一人では出来ないのでまだ入園は難しいとのことでした。

最初は、9月入園も考えたこともありましたが、あまり焦らず本人のやる気に任せてトイトレを進めていけたらいいかなと思うようになりました。

他の幼稚園を見学して良いなと思ったところ!
    

🔸園長先生を始め、先生方がとても親切で優しかった。
🔸家から歩いて幼稚園へ行けるところ。
🔸教育方針の“こころを高める”というのがいいなと思った。
🔸少人数制の幼稚園なので、一人一人丁寧に見てもらえて良いなと思った。
🔸幼稚園に農園があって、自ら種をまいたり苗を植えたりして野菜を育て、自然の中で多くの経験をすると共に、育てた野菜を調理して食べる等、食育にも力を入れているところ。

🔸年間行事が色々とあるところ。
🔸生け花教室や茶道教室
電車教室、交通教室がある。
🔸テーブルマナーもあるのは珍しいなと思った。小さなうちから礼儀作法を教えてもらえるのはいいなと思いました。

幼稚園の教育方針


子ども達が自ら考えて遊ぶことで、楽しいことや新しいことに挑戦してみようという気持ちに繋がるように育てていきます。
今日1日を思いっきり遊んだ!考えた!工夫した!昨日よりできるようになった!みんなと一緒にやれた!
そんな子ども達に育ってほしい。

園の方針に共感をして、素晴らしいなと思いました。

ゆっちも、お料理が好きだったり色々なことに好奇心旺盛なので幼稚園でたくさんのことを経験させてもらえるのはとても魅力的だなと思いこの幼稚園に決めました。

幼稚園の説明会へ行った時に、先生の話を聞いている間、子どもはブロックで遊ばせてくれて、先生が横で丁寧に見てくださってありがたかったです。

あと、校内放送も園児が自ら「おはようございます。◯◯組の◯◯です。」と挨拶をしていて素晴らしいなと思いました。

また異年齢の子達との交流も大事にされているところも良いなと思いました。
幼稚園の見学をさせてもらった時に、あるお姉さんが下の学年の子を教室まで送ってあげていてとても面倒見がよくて優しい子だなと思いました。

このようなアットホームな雰囲気も園の魅力でいいですね。

感想


幼稚園を選びをする時には、まずは実際に幼稚園を見学したりプレ幼稚園に参加することはとても大事なことだなと思いました。
実際に見学をしてみることで、園の様子やどんな先生がいるのかなどよくわかるのでいくつかの幼稚園を見学してみるといいなと思いました。
結果的にプレ幼稚園へ通った幼稚園とは別の幼稚園に入園を決めましたが、プレ幼稚園に通ったことで、お家ではできない経験をたくさんさせてもらえて、親子で成長できたので本当に通って良かったなと思いました。
何より、娘が幼稚園はどんなところか知ることができて早く幼稚園へ行きたい!と思ってくれるようになってくれたことがすごく嬉しかったです。こうして一番近くで、子どもの成長を見ることができて幸せな時間でした。幼稚園選びをしてみて、たくさん悩みましたが、ようやく決まって一安心です。娘が笑顔で通ってくれることを願うばかりです。
来年の4月から幼稚園へ通うのが今から待ち遠しいです。

これから幼稚園を選びをする方に何か一つでも参考にしていただけたら嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です